M&Aの手順 譲渡(売却)までの流れ

売却までの流れ

1)無料相談(要予約)

お悩みの経営課題、事業の現状、ご意向などについてお伺いします。もちろん秘密厳守で対応いたします。社長ご自身にとって、また社員にとって会社にとって一番良い方法を共に考え、ベストな方策をアドバイスいたします。

ご登録
売却条件等の登録を行ってください。
登録期間は原則として6ヵ月間です。


2)企業評価、M&Aの進め方の打ち合わせ

弊社と秘密保持契約およびアドバイザリー契約を締結の上、お店の資産価値を営業権(のれん代)も含め多面的に査定評価いたします。売却価格など、譲渡条件についての検討を行います。決算書などの財務資料やヒアリングさせていただいた情報を元に貴社の譲渡可能金額のレンジ(目安)をご提示します。貴社の株主構成、財務状況等をふまえ、どのような方法でM&Aを進めていくのが良いのか、お打ち合わせさせて頂きます。


3)必要資料のご準備

M&Aを行うに際して必要な資料を可能な範囲でご準備いただきます。 M&Aが進んでいく過程で、候補先の要望に応じて追加資料をご用意いただきます。


4)買い手候補先の探索・打診

弊社に買い手登録されている方や独自のネットワークの中から、ご希望の条件に最適な企業を探し出します。 買い手候補企業のリストアップならびに候補先企業への打診活動を行ないます。 初期打診はノンネームの概要書によって行い、貴社名や詳細資料の開示は興味を持った候補先企業より、秘密保持誓約書を受領した後に行います。


5)条件交渉

価格や時期などについての調整を図りながら、弊社が買い手候補企業と交渉を進めます。 貴社とのM&Aに興味を持った候補先企業と譲渡条件や要望の調整を行います。 有力な候補先企業とは面談をセッティングいたしますので、トップの人柄、将来ビジョン、M&Aに対する考えなど直接ご確認いただきます。


6)基本合意調印及び買収監査

譲渡価格の仮決定や譲渡条件が決まりましたら基本合意書を作成し、調印していただきます。 諸条件が固まった段階で、それらを確認し、合意するため候補先企業と「基本合意書」を締結します。 基本合意締結後、買い手企業の依頼を受けた公認会計士等による買収監査(デューデリジェンス)を実施します。


7)譲渡条件の確定、最終契約書の締結、売買契約締結

円滑な譲渡を行うため、主要取引先への挨拶、従業員への公表の段取りやタイミングなど協議を行います。 買い手企業とこれまで確認してきた内容を盛り込んだ最終契約を締結し、譲渡代金の決済を行ないます。 買い手との譲渡契約書を締結していただきます。 譲渡契約を締結し、譲渡代金をお受け取りいただきます。 弊社に成功報酬をお支払いいただきます。


8)業務引き継ぎ

買い手との業務の引き継ぎを行っていただきます。 買い手企業と協議して決めた一定期間、事業が円滑に継承されるように業務の引き継ぎ、サポートをしていただきます。 一般的な引き継ぎ期間は、通常半年から1年程度です。